読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEQUILA BOOKMARK IRR INVEST

空間ビジネスの最先端をBOOKMARK(不動産 インバウンドなど)

ショートツアーはボケ防止に効果があると勝手に思っています!だからバスツアーやタクシーツアーやおすすめショートトリップをご紹介しています。こんなツアーがあったらいいな!勝手に妄想もしています。

One Asia エボラブルアジア 躍動感

株価= 年初来高値を更新中 + 高値引けが続く

エボラブルアジアが更に株価上昇中です。1/25の終値は3,135円で年初来高値を更新しました。更にこの日は高値で引けています。1/24も高値で引けているので、いかに強い上昇基調かが分かると思います。

ここ一週間は3,000円の蓋があって、なかなかこの上に抜け出すことができなかったのですが1/25は完全に一段高を確保できました。信用取引情報は、買残が1,082,200株に対して、売残が1,000株と圧倒的に買残が厚い最中の一段高は、株価の強さを裏付けるものです。

事業= アジア × 具体性のあるビジネス

エボラブルアジアが扱っている分野は、国内航空券、訪日外国人(インバウンド)、ITオフショア開発、民泊ビジネスなど時流に乗った事業ばかりです。また、社名に象徴されるようにアジアにコミットメントしているので、非常に躍動感もあり具体性もありそうです。

例えば、訪日外国人(インバウンド)は政府目標は2020年までに4,000万人ですが、業界的なコンセンサスは6,000万人と既に目標を大きく上回っています。又、オリンピック効果はむしろ2020年以降です。

又、ITオフショア開発はベトナムを拠点にしています。ベトナムの将来へのポテンシャルについては中国を上回るものであり、中国と比べてカントリーリスクも少なく、勤勉であることは既に知られています。

更に、民泊ビジネスは政府あげての政策分野であり、訪日外国人の受け皿になることは間違いがないものと見られています。(1/25の同社発表のIRでは、物件数2018年に10,000件、2020年に30,000件を目指すとされています)

結果= 投資家の期待に乗ることができるか

株価は高値圏に突入しています。既にPERは88倍であり、今の株価は完全に期待相場です。しかし、それでも買いが集まるのはIRにおける情報発信がスピード感を伴っているからです。2月の決算発表がひとつの節目になるでしょう。

TBと致しましては中長期的な視点で同社の事業にコミットメントしていきます。どの分野の事業も単なるアドバルーンではなく、しっかり結果が出せるか否かを見極めていきたいと思います。

1/25 PTSでは 3,200 +65(+2.07%)と続伸。当面は3,300円を目指して一進一退の状況が続くと思われます。中期的にはしっかり3,000円台を確保できれば御の字です。今は少し株価上昇が早いかなと印象を持っています。(1/25の夜間は、ドル円113円の後半、ダウが20,051.33 +138.62 となったタイミングです)