読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEQUILA BOOKMARK IRR INVEST

空間ビジネスの最先端をBOOKMARK(不動産 インバウンドなど)

ショートツアーはボケ防止に効果があると勝手に思っています!だからバスツアーやタクシーツアーやおすすめショートトリップをご紹介しています。こんなツアーがあったらいいな!勝手に妄想もしています。

エボラブルA オフショア開発に注目

システム開発手法が今後更に注目されていく

今後のビジネスにはどうしてもシステム開発が絡んできます。いや、システム開発が全てと言ってもビジネスモデルもあると思います。更に言うと、システム開発は新しいインフラと言ってもいいかもしれないのです。ゲームのシステム開発は高コストで時間がかかると言われて既にビジネスとしての難しさが指摘されています。

そこでエボラブルアジアが進めているITのオフショア開発が今後脚光を浴びてくると思われます。オフショア開発の最大のメリットはコストです。コストというのは人件費なのです。日本や欧米は人件費が高くてもうダメですが、新興国のアジア圏内ではコスト削減が見込まれています。

日本はIT人材不足だから海外発注が主軸になっていく

日本の教育は本当に後進国なのですが、その一つにIT人材の供給が完全に不足しているのです。日本では、もともとシステム開発という分野は軽んじてきました。従って、システム開発を任せられる優秀なプロジェクトマネージャーが不足しています。これらがITのオフショア開発が盛んになっている背景です。

エボラブルアジアに着目している理由は、このITのオフショア開発において、ベトナムホーチミンを拠点としてラボ型開発を行っている点ですベトナムは人材コストが安いだけではなくて、人材そのものが優秀。大卒以上の学歴を持つ技術者を採用して、新卒者で月給が平均300ドル、ハノイ工科大学、ホーチミン工科大学など地元の工科系エリート大学の出身者でも300〜500ドル。中途採用者は500ドルから、日本語を話せる希少な人材でも1000ドルから採用できると言います。

オフショア開発=これまでは失敗 ⇒これからは成功

ラボ型開発というのは、委託する企業のプロジェクトマネジャーがプロジェクト発足時にベトナムに3〜12カ月程度駐在し、対面で開発者に直接指示をするというもの。この間に、プロダクトの仕様を決定し、専属のベトナム人開発者たちと共有する。それらが完了次第、プロジェクトマネジャーは日本に帰国し、メールや電話、グループウエアなどを活用し、遠隔でプロジェクトを進行していくスタイルなのです。

これまでのオフショア開発のスタイルと言えば、言葉の壁があってコミュニケーション不足に陥り、プロジェクトは失敗するというのがネガティブな要因となっていました。また、国民性との適合性があって、ベトナムは比較的勤勉である為、日本人との融合性も図ることができると言うのです。又、日本においてオフショア開発のニーズはこれからです。その理由は、オフショア開発の成功例が次々と新しい需要を呼び込んでいくからです。

One Asia エボラブルアジア 躍動感

株価= 年初来高値を更新中 + 高値引けが続く

エボラブルアジアが更に株価上昇中です。1/25の終値は3,135円で年初来高値を更新しました。更にこの日は高値で引けています。1/24も高値で引けているので、いかに強い上昇基調かが分かると思います。

ここ一週間は3,000円の蓋があって、なかなかこの上に抜け出すことができなかったのですが1/25は完全に一段高を確保できました。信用取引情報は、買残が1,082,200株に対して、売残が1,000株と圧倒的に買残が厚い最中の一段高は、株価の強さを裏付けるものです。

事業= アジア × 具体性のあるビジネス

エボラブルアジアが扱っている分野は、国内航空券、訪日外国人(インバウンド)、ITオフショア開発、民泊ビジネスなど時流に乗った事業ばかりです。また、社名に象徴されるようにアジアにコミットメントしているので、非常に躍動感もあり具体性もありそうです。

例えば、訪日外国人(インバウンド)は政府目標は2020年までに4,000万人ですが、業界的なコンセンサスは6,000万人と既に目標を大きく上回っています。又、オリンピック効果はむしろ2020年以降です。

又、ITオフショア開発はベトナムを拠点にしています。ベトナムの将来へのポテンシャルについては中国を上回るものであり、中国と比べてカントリーリスクも少なく、勤勉であることは既に知られています。

更に、民泊ビジネスは政府あげての政策分野であり、訪日外国人の受け皿になることは間違いがないものと見られています。(1/25の同社発表のIRでは、物件数2018年に10,000件、2020年に30,000件を目指すとされています)

結果= 投資家の期待に乗ることができるか

株価は高値圏に突入しています。既にPERは88倍であり、今の株価は完全に期待相場です。しかし、それでも買いが集まるのはIRにおける情報発信がスピード感を伴っているからです。2月の決算発表がひとつの節目になるでしょう。

TBと致しましては中長期的な視点で同社の事業にコミットメントしていきます。どの分野の事業も単なるアドバルーンではなく、しっかり結果が出せるか否かを見極めていきたいと思います。

1/25 PTSでは 3,200 +65(+2.07%)と続伸。当面は3,300円を目指して一進一退の状況が続くと思われます。中期的にはしっかり3,000円台を確保できれば御の字です。今は少し株価上昇が早いかなと印象を持っています。(1/25の夜間は、ドル円113円の後半、ダウが20,051.33 +138.62 となったタイミングです)

お得な情報 SUUMO 賃貸で最大5万円のPONTAポイントが当たる

f:id:tequilabookmark:20170113034612j:plain

SUUMOの賃貸から抽選でPONTAポイント お薦め度 3.0

⇒お部屋探しは大きな出費だからオマケがあればうれしい! 

『お部屋を借りる』『お部屋の住み替え』『ひとり暮らしを始める』など住まいのお部屋を確保するということは生活上必要不可欠なことです。しかも、数十万円単位の必要資金を確保しなければならないので⇒これはとても大きな出費です。

どうせ大きな出費であれば「何かオマケ」があったほうがいいに決まっています!そんなキャンペーンがこれから3月に向けて、いろいろな不動産屋さんや不動産サイトから発信されていきます。今回は、SUUMOの実施する契約者限定のオマケです。抽選なので全員というわけにはいかないようですが、PONTAポイントの1万ポイント、5万ポイントの付与は当たれば大きいですね!!*1

⇒応募資格はSUUMOから物件を契約した方(以下詳細です) 

①期間中にSUUMO賃貸からお問い合わせ・見学予約をしていただき、物件を契約、かつ本キャンペーンにエントリーされた方が対象です。②エントリー後、こちらからお送りする契約確認セットを受付期間中にご返送いただく必要があります。③ご入居前に契約をキャンセルされた方は本キャンペーンの対象外となります。④社宅・法人契約は本キャンペーンの対象外です。

⇒賞品と当選人数はやや狭き門

当選人数は以下の通りですが、何回も応募できることではないのでやや狭い門になっています。10,000ポイントについては30人に1人の割合と推測されます。

Pontaポイント50,000円分⇒抽選で毎月10名様

Pontaポイント10,000円分⇒抽選で毎月4,950名様

注意書き:※本キャンペーンでプレゼントするポイントはPontaポイントです。※2016年10月契約の方よりPontaポイントに変更しております(2016年10月契約以前の方にはリクルート期間限定ポイントをプレゼントします)※応募者が10名に満たない場合は、抽選を実施せず応募者全員に50,000円分のPontaポイントをプレゼントします。※応募者が4960名に満たない場合、50,000ポイント獲得対象者の抽選を実施し、10,000ポイント獲得対象者の抽選は実施しません。 (詳しくはSUUMOサイトをご確認ください) 

ち・な・み・に、PONTAポイントを10,000円貯めるということは、0.5%のお店では200万円のお買い物が必要です。又、ポイント50,000円だとなんと1,000万円のお買い物が必要なので非常にお得な特典です。(抽選で当たればですが・・) 

PONTAカードの豆知識 

2010年3月1日に三菱商事が中心となって立ち上げた共通ポイントカードサービス。サービス開始当初から約2000万人の会員を確保できるとしており、サービス開始から3年間で加盟社数30社・会員数3000万人を目標とする方針を明らかにしていた。その後は、会員数・加盟店が予想以上に伸び、2012年2月には会員数が4000万人を突破し、2014年1月には会員数が6000万人を突破した。加盟社数も2014年5月時点で73社となった。異業種間の共通ポイントカードとしてはTポイントに次ぐ規模であるとされる。

⇒どう活用すればいいのか

SUUMOは不動産業界でも大手のポータルサイトです。従って、この懸賞に魅力を感じたとすれば、まずSUUMOでお部屋探しを始めるのも手でしょう。お部屋探しは物件を比較検討していくつも見学して決めるものです。物件に納得しなくても、PONTAポイントの獲得を目的とすることがないようご留意ください。あくまでも物件優先です。

また、毎月締切があるようなので、2月と3月であれば契約数のパイから言って2月のほうが若干有利なような気がします。3月はお部屋探しのピークを迎えて自ずからして契約数が増えて、これに比例して応募数が増えるという可能性があります。又は、3月より4月の方が契約数が少ない可能性もあります。締め切りの詳細は、ホームページをご覧ください。

SUUMO賃貸で最大5万円分のPontaポイントが当たる!|SUUMO(スーモ)賃貸

*1:3月は住み替えの時期。会社員の転勤、学校の入学に伴うお部屋探しなど多くの人がこの時期に引っ越しを行うため、不動産業界では繁忙期とされキャンペーンを行うことが多くなります。

エボラブルアジアのビジネスバックグラウンドは良好だが差別化が鍵

エボラブルアジアの収益の実績と将来予想は爆発的に成長していきます。2017年度は営業利益10億円を見込んでいます。9月末が決算であり、次回の1Q決算発表は2月14日であることから進捗状況が非常に注目されます。

f:id:tequilabookmark:20170122045110j:plain

f:id:tequilabookmark:20170122045138j:plain

主軸の旅行業においては、2016年1月から9月の日本人出国者数の累計が前年比4.9%増の1271万900人で、すでに前年同月時点の累計を約60万人上回っている(日本政府観光局(JNTO))また、訪日外国人観光客は初めて2000万人を超え、今年の3月に決定した「明日の日本を支える観光ビジョン」における2020年の目標である4000万人に向け、順調に推移しているとの認識です。

旅行業界のオーバービューについて、日本経済新聞からの抜粋です。

ビジネスホテルを中心に205カ所のホテルが加盟する全日本シティホテル連盟(東京・品川)が20日まとめた2016年12月の平均客室稼働率は、前年同月比1.0ポイント高い80.1%だった。12月としては06年以降で最も高い。都市部で高い稼働率が続いた上に、九州に訪日外国人客が戻っている。地域別では、訪日外国人観光客の増加を背景に東京都の稼働率が2.5ポイント高い89.2%、大阪府は前年並みの86.2%だった。熊本地震の影響で前年割れが続いていた九州は、3.3ポイント高い80.9%とプラスに転じた。 

 

政府の観光政策にもかかわるデービッド・アトキンソン小西美術工芸社社長に課題を聞いた。発言の概要は以下の通り。

日本は気候、自然、文化、食事という観光立国に必要な4つの条件を満たしている珍しい国だ。私の分析では2020年に訪日客を5600万人まで増やす潜在力がある。眠っている観光資源を生かすべきだ。

次の課題は上客の取り込みだ。訪日客のうちアジアが85%ほどを占めている。世界的に近隣から6割、遠方から4割ほど来るのが一般的だ。4千万人の目標に照らすと、遠方からの観光客をあと1200万人ほど増やす必要がある。

日本のホテルは安い価格のものが多く、多くの文化財はちょっと見て帰るような人を想定している。一定の投資をして高級ホテルや長期滞在に対応できる施設を増やす必要がある。観光の基本は多様性。ビーチ、スキー、文化、山登り、川下り、自然などの観光資源が積み重なって政府が目標とする4千万人が実現する。

先進国では現地通貨を持たずに旅行する人が増えている。レストランをインターネットで予約し、クレジットカードで支払いを済ませるのが当たり前だ。

日本は飲食店のネット予約サービス「オープンテーブル」に対応している店が少なく、いまだにクレジットカードが使えない私鉄の券売機がある。改善の余地は大きい。

デービッド・アトキンソン氏 65年、英国生まれ。90年に来日し、銀行アナリストとして活躍。09年に国宝修復などを手掛ける小西美術工芸社に入社し、現在社長。政府の会議などで観光や文化政策を提言するほか、「新・観光立国論」などの著書もある。

エボラブルアジアの旅行関連収益は全体の約70%を占めており、その市場動向は極めて重要です。また、この分野の過当競争は激しく将来に渡って差別化があるかどうかも重要です。この点については、決算短信で『旅行業そのものが元来参入障壁が低く、比較的新規参入が容易であること、また、従来型の旅行代理店がインターネットによる販売に注力してきていることなど、その競争環境は激化しております。当社では、航空会社との関係を強化するとともに、自社インターネットサイトの知名度向上、多数の会員をもつインターネットサイト運営者への旅行コンテンツのOEM供給、企業の出張に係る社内承認手続き及び手配を一元管理する事業、旅行商品の拡張などを目指すとともに、同業他社との資本・業務提携を積極的に進めていくことにより、競争力の強化を図って参ります』とコメントしている。

ITオフショア開発事業で急拡大のエボラブルアジアにズームアップ

今年になってエボラブルアジアの株を買い始めている。買い始めてから既に10%程度株価が上昇していて動きも軽い。今日(1/20)はグリーとベトナムでゲームの企画開発というのニュースが出て一段高になっている。これに関連する売上想定は2億5000万円となっているから業績への貢献は間違いがない。

当面の目標は3,300円であるが「みんなかぶ」では4,000円をつけている。中長期的には今の株価の2倍になる可能があると見ている。実際に昨年の11月迄のホルダーは既に2培近い株価になっている。

代表取締役社長である吉村 英毅氏は1982年生まれで東京大学 経済学部経営学科 卒業( 経営管理金融工学を専攻)大学在学中に株式会社Valcom(2009年10月株式会社旅キャピタルに吸収合併)を創業。2007年 株式会社旅キャピタルを共同創業し、当社代表取締役社長に就任している。

吉村社長の中学時代、ビル・ゲイツに強い憧れを抱いていたのが企業家を目指したキッカケであったという。ビル・ゲイツハーバード大学。そこで自分は東京大学に入って起業しようと決意した。もともと実家は会社経営であったらしい。

商売への第一歩は阪神タイガーズのグッズ販売というから意外である。2003年の阪神タイガース優勝フィーバーのさなか「これは何か商売ができないか」と阪神タイガースとロイヤリティー契約を結び、缶コーヒーなどのグッズ販売を始めたのが会社を興した最初。スーパーなど大手量販店には相手にされなかったため、甲子園やボトルチェーンなどに卸し、30万本くらい売れました。ただ、これは世間の流行に乗じてのあまりにもスポット的な商売だったので、もう少しきちんと将来性があり、継続的にできる事業はないかと考えていたという。

2016年3月、同社は東証マザーズに上場。一見単純な旅行会社のごとく、もともと航空券やホテル予約サイトを運営する事業を展開していたが、実は今後のビジネス展開上大きなポテンシャルとなるITオフショア開発事業をスタート。このきっかけになったのは、自社システムのオフショア開発拠点をベトナムに設けたことだった。現地エンジニアの高い技術に驚いた同社は今から約4年前の2012年3月、他社の受託案件にも十分対応できると考えて、オフショア開発事業を開始したのである。

現在同社は、ホーチミンハノイ、ダナンの3拠点に約500名のエンジニアを抱え、日本のIT系企業を中心に約70社のクライアントを持つビジネスへと成長。ベトナムのITオフショア会社としては国内最大手の地位を確立している。

はとバスの「首都高見学ツアー」などツアー企画は無限大に可能性がある

はとバス首都高速見学ツアーを企画!?

はとバスが、首都高速道路の建設中の区間を見学するバスツアーを2~3月に開催すると記事に掲載されていた。通常は立ち入れない場所を訪ねる「非日常感」満載のツアーは確かにワクワクするものである。

横浜市を通る首都高速横浜北線(2017年3月開通予定)の工事現場を建設スタッフの案内付きで2時間程度見学するという。非常時避難用の滑り台式非常口を通ったり、記念撮影したりできるというから我々おじさんと言えども興味がある内容だ。(JR東京駅発着で2月27日、28日と3月1日、3日の4回開き、料金は大人9980円。1月18日から予約を受ける)

では ニュースに登場ご当地を巡るツアーはどうか

ところでこんなのはどうだろう。昨年から今年にかけてニュースや週刊誌で地名が連呼された場所と言えば「豊洲(建物内は立ち入り制限だが)」「築地(場外市場)」「新国立競技場(建設中)」「東京都庁」「湯河原温泉(別荘)」などなど。これらを巡る日帰りバスツアーいずれも観光地ではないが、何かと話題の場所は一目見ておきたいというのは人間の欲求だ。舛添前都知事がそれほど気に入って通っていたという湯河原温泉などは人気がでるのではないか。

さらに日本の個性派ハウス巡りツアーはどうか

産業見学ツアーは今後ますます人気が上がると思っている。工場見学は元より前述の「はとバスの工事中高速道路見学」などの公共インフラの見学会などは典型的な例だ。それに訪日観光客向けに典型的な日本のマンションや古民家見学ツアーもいいかもしれない。今流行りのシェアハウスやリノベーションした個性的な住宅見学も人気を博すだろう。やはりこれらも日本の知恵だ。

自己流で東京グルメツアーは無限大

グルメツアーもいいかもしれない。バスで行かなくても小回りのきくタクシーとかで十分だ。いやセルフで電車で移動することを前提にしてもいいと思う。餃子有名店巡りツアーや人気ラーメン店ツアーや、いやいや人気バルや焼き肉&ステーキツアーも面白い。私なら昼は名店ステーキランチに夜は蕎麦の名店を組み合わせてみたい。ランチは単価的にお得感があるから高い方をお昼にもってくるのも手だ。お昼から夜までの時間は、スウィーツの美味しいところを組み入れてみたい。夜の食事の後は、有名なバーで一杯。1日4店舗を廻るとなるとそれなりに充実感もあるだろう。